費用とメリット

価格と品質。どうして安いの? 35坪以上標準仕様価格 坪当たり31万8000円+消費税

県民共済住宅の主な使用について(標準装備)はこちら

※坪当たりとは1・2階を合計した面積(延べ床面積)当たりです。
※延べ面積が35坪未満、または平屋建・3階建の場合は坪当たり価格は
 割増になります。
※建設地は埼玉県内とさせていただきます。


主な仕様は、下表の通りです。

坪単価に含まれているもの

敷地調査   プラン計画上の法的チェックから敷地の状況調査までの費用
地盤調査   スウェーデン式サウンディング試験
設計・諸経費 設計図の作成とお引渡しまでの工事監理
確認申請 確認申請手続き費用(特別な申請は別途費用となります)
仮設工事   仮設トイレ・仮設足場・仮設電気設置
本体工事   耐圧盤基礎(ベタ基礎)
  建物本体の工事一式、窓(Low-Eペアガラスサッシ、
シャッター、網戸付き)
造り付けバルコニー(2坪以内)
設備品 (展) 室内ドア、カーテンレール及びレースカーテン(居室の引違い窓)
(展) 玄関収納、床下収納庫、トイレ収納、玄関・階段手すり

(展)

システムキッチン(L=255センチ)、ユニットバス(1.25坪以内)、
洗面化粧台
(展) 洗浄機能付トイレ2ケ所
24号ガス給湯器セミオート追焚きタイプ(エコジョーズ仕様)
電 気   録画機能付テレビドアホン(カラー)、室内コンセント・スイッチ、
24時間換気システム
照明器具(各室1ケ所、玄関ポーチ、勝手口、トイレ、洗面、キッチン)、エアコン2台(6畳用、10畳用)
給排水 標準設備機器に伴う建物内部給水・給湯、排水工事一式(基礎内配管は貫通スリーブ方式) 
(展) 外水道(1ケ所)

坪単価に含まれていないもの

仮設工事費   鉄板養生・防護管・残土処理費など
電気・水道料金   工事期間中の使用料金及び仮設電気申請費用
解体工事 (紹) 旧建物・門・塀等解体、樹木伐採など
盛土・土留   盛土、造成、土留(よう壁)工事など
地盤改良   軟弱地盤の改良工事
外部給排水   屋外給排水工事
(仮設水道、浄化槽、本下水、雨水等の排水工事、給水工事など)
水道加入金  

新規申込金・増径時申込金、手数料など

ガス工事 (紹)  LPガス配管
都市ガス配管及び取り出し工事
電 話   屋外からの引き込み配線工事、電話機本体
カーテン カーテン、ブラインド
エクステリア
(外 構)
  門、塀、カーポート、造園など
登 記 (紹) 新築建物の表示登記、保存登記、解体建物の滅失登記など
その他 住宅金融支援機構(フラット35s)技術基準に適合(申請費は別途費用になります)
長期優良住宅に対応(申請費は別途費用になります) 
準防火仕様に対応する場合は一部別途費用になります 

○印は、ほとんどのメーカーは別途料金としていますが、県民共済住宅では坪単価に含まれております。

(展):展示品がありますので、ご来店の際お確かめください。
(紹):県民共済住宅が特別な価格で協定している業者を紹介できるものです。

高品質の注文住宅を低価格で提供できる理由

(株)県民共済住宅は、埼玉県民共済生活協同組合(県民共済)
100%出資して設立された会社です。
決して営利主義に陥ることなく、お客様本位の住宅造りを行っています。

営業イメージ画像

一人のセールスマンも置かず、テレビやラジオの宣伝もせず、モデルハウスも作りません。
このような営業活動を行った場合、その費用は建築費の一部として、お客様が負担することになります。

材料イメージ画像

埼玉県内2ケ所にある資材配送センターに、木材・新建材から設備機器に至る多くの住宅資材を、一流メーカーから現金で一括大量購入し、各工事現場の工程に合わせ効率的に配送し、建築コストの引き下げに努力しています。

設計図面イメージ画像

技術の確かな職人や業者を厳選し、各工事ごとに材料を支給する材工分離発注方式を採用しております。
工事にあたっては、県民共済住宅の技術者が定期的に建築現場に出向き、品質管理や工程管理を行っています。

パソコンイメージ画像

独自開発のコンピューター管理システム(設計・積算、工事発注・支払、資材管理・配送システムなど)による業務の自動化によって、徹底した効率化を図り事業コストの削減に努めています。

pagetop
Copyright (C) 2015 株式会社 県民共済住宅. All rights reserved.