安心・安全





  震度7の揺れが2回起こり、大きな被害を出した2016年の熊本地震では、新耐震基準(2000年 基準)の建物も被害を受け、激震地において19棟が全壊または倒壊しました。
しかし、
耐震等級3の住宅については、中破以上の損害は0件でした。
 


一般財団法人くまもと型住宅生産者連合会 耐震等級3のススメ より

  県民共済住宅は、地震に対する更なる対応の強化を目指し、2018年1月から、標準装備の耐震等級を2から3へ引き上げます。企業努力に努めさせていただき、坪単価は据え置きです。



  さらに、粘弾性体を使用したVEMダンパーを標準装備に導入し、地震による住宅へのダメージを軽減します。
 


  地震に耐える「耐震」では、大地震の揺れに耐えることは可能ですが、建物へのダメージはどうしても蓄積していきます。「制震」を行うことで、そのダメージを制震装置が吸収。建物へのダメージを軽減することが可能です。


  県民共済住宅では、制震システムにスリーエムジャパン社製粘弾性体を使用したVEMダンパーを採用しました。これにより、単発の地震動に耐えるだけでなく、建物の変位量を最大60%軽減することで、構造躯体へのダメージを抑え、繰り返し起こる地震動に対しても強い住宅造りを実現します。もちろん、※坪単価は据え置きです。



詳しくは をご覧ください。



  県民共済住宅では設計・建設住宅性能評価制度を利用し、設計段階から、実際の施工時においても第三者のチェックを実施し、住宅性能評価書をお客様へお渡ししております。

 

  設計・建設住宅性能評価を取得し、県民共済住宅で建築させていただいた建物が、正しく設計・施工されていることを第三者の目でも確認した上で、お客様へ安心・安全の家をご提供させていただきます。
   
詳しくは 設計・建設住宅性能評価制度特集ページをご覧ください。

制震システム設置は標準装備内で選択が可能な装備になります。
(県民共済住宅では制震システムのご選択を推奨しています)


pagetop
Copyright (C) 2019 株式会社 県民共済住宅. All rights reserved.